キャッシングの金利の上限と下限について

キャッシングでお金を借りる時には、金利をチェックするかと思います。でもこの金利、だいたい4.6%~18.0%など、幅を持った金利が表示されていることが多くなっていますよね。この金利の上限と下限というのは、一体どのようなものなのでしょうか。キャッシングの場合、利用限度額の範囲内であれば自由にお金を借りたり返済したりすることが出来ますよね。この利用限度額がキャッシングの金利を決定するときに重要になってきます。実は、金利の上限と下限は、利用限度額が高ければ高いほど、低金利に近い金利でお金を借りることが出来、逆に利用限度額が低ければ低いほど、高い方の金利に近い金利が適用されることになります。例えば、低金利のキャッシング業者として知られているプロミスの場合、金利は4.5%~17.8%、融資限度額は500万円になっています。利用限度額が500万円の場合は金利は4.5%が適用され、利用限度額が10万円の場合には17.8%の金利が適用されるという事になります。キャッシングの金利の上限と下限はこのようにチェックしてみてくださいね。