ブラック状態でも融資をしてもらう方法

過去にお金を借りたものの返済が出来ず、金融機関に対して迷惑をかけてしまったり、自己破産などをしてしまったというような人を、ブラックと呼ぶことがあります。

昔はブラックリストというものがあり、このリストに入ってしまうと融資を受けることが出来ないと言われていましたが、実際にはこのようなブラックリストは存在はしていません。ですが、ブラック状態の場合には、一般的な人に比べると確かに金融機関からの融資を受けることは難しくなります。

ですが、ブラック状態でも融資を受けたいという人もいますよね。このような人でもいくつかの方法で融資を受けることが可能です。一般的には、ブラック状態となってから最低でも5年、一般的には7年程度過ぎてから申し込みをするという方法です。

ブラックリストというものは存在していませんが、個人信用情報機関というものがあり、金融機関はこの個人信用情報機関に登録されている申込者の情報を照会し、融資の審査を行っています。

過去に金融機関に対して迷惑をかけた、金融事故の記録がこの個人信用情報機関に登録されている間は、多くの金融機関は審査を通過させませんが、5年~7年たつとこの情報が消えるため、融資をしてもらうことが出来る可能性が出てきます。時間の経過を待つことが必要です。