キャッシングの返済額はどうやって決まるの?

キャッシングの返済額は、元金+利息というものが基本的なものになっています。ですが、契約の内容によっては、一括返済ではなく毎月少しずつ返済をするというケースも多くなってきています。そうなると、今月はいくら返済をすればいいのか?ということが分かりにくくなってしまいます。返済金額は返済方式によって変わってきます。例えば、残高スライドリボルビング方式といった契約で返済をする場合には、元金の残高がいくらあるのかによって返済金額が決まっています。さらに、元利定額方式なのか、元金定額方式なのかによっても変わってきます。例えば、元利定額方式なら、毎月決められた返済額の中に利息の支払い分が含まれていますので、3万円返済するということであれば返済額は3万円になります。ですが、元金定額方式の場合で、同じように3万円返済するという契約であれば、返済は元金3万円とプラスして利息を支払うことになりますので、毎月返済する金額に変動があります。ただ、元利定額方式に比べると元金定額方式の方が返済は早く終わる仕組みになっています。