ローン申込み時に必要になる担保とは

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。
金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。
担保には種類があり、物的担保と人的担保というものがあります。

物的担保とは証券や不動産のことで、人的担保とは連帯債務者や連帯保証人です。
物的担保は、返済ができなくなった時にその物件を処分し、その費用を返済に回します。
表現の仕方を変えるなら、もしもローンの返済がストップしたら、担保にしたものを売却してもいいです、という前提で契約をするのです。
物的担保のいいところは、どのくらいの価値があるか大体見積もれるという点です。
評価価値の高い担保があれば、有利な借り入れが可能です。
大口で長期の融資や、金利も安くなりますので、非常に重宝します。
担保となる物件は何でもいいというわけではなく、ローン審査の際に担保物件も評価され、それに見合った範囲での融資となります。
不動産ローンは、物的担保として使われることが多いですか、これは売却のしやすさによります。
しかし、成立と費用に手間がかかるため、金利が安い消費者金融や企業間の取引など、大口のローンに対して使われることが多いようです。
教育ローンを利用する時や、一般的なローンの返済目的で利用することもあります。