専業主婦でも内緒で利用できるキャッシング

仕事をしていない専業主婦でも、キャッシングを利用したいということがあります。
家族に内緒でキャッシングの申込みをしたいと考えている専業主婦も少なくないようです。
無担保で、無保証人でも融資が受けられることが、キャッシングを使うメリットの一つといえます。
自分の収入をもとにお金を借りるというスタイルになるため、金融機関の中には専業主婦には融資をしないところもあります。

専業主婦に融資を行う時の前提としては、収入を得ている配偶者がキャッシングに同意していることです。
主婦の代わりに配偶者の収入を確認する場合には、職場に在籍確認の電話がかかってきたり、収入を証明する資料を提出しなければなりません。
そのため、専業主婦が、配偶者に一言も言わずにキャッシングを利用するということはまずできません。
どうしても家族に知られたくないという場合には、主婦でもできるパートや内職などの仕事を一定期間続ける必要があります。
法律では、キャッシングで借りられる金額は、年収の1/3に定められています。
従って、アルバイトなどで働いて、収入を確保することが、キャッシングを使う条件になります。
年収に対する貸付金の割合が法律で定められていない場合もありますが、例えば銀行系のキャッシングは、消費者金融系以上に審査基準が厳しく設定されているといいます。
もしも、家族に秘密にしてお金を借りたいなら、キャッシング会社にそのことを打ち明けておく必要があります。
キャッシングの契約書やカードの発送先を自宅以外に変更してくれたり、担当者の個人名で電話をかけるなどの対処をしてもらえるので安心です。

大田区 プロミスの店頭窓口で融資