キャッシングとクレジットカード審査の違いとは

ご存じのようにキャッシングのカードについては、そのカードで商品を購入することはできませんが、貸付枠は信用があれば500円とか1000万円などというところがあります。その一方でクレジットカードの場合は、基本的なスタンスが上品お代金の決済に使用するということが目的ですので、キャッシング枠は少ししかありません。

キャッシング審査とクレジットカード審査の最大の違いは、収入面や勤務先内容を特に重視するということです。申込段階でパート、アルバイトについては対象外とする会社も多く、より安定した収入が求められます。
特に、キャッシングやカードローンの場合は、50万円を超える利用枠の場合には収入証明書を提出する必要があります。貸金業法によって定められているもので、法改正により今後はより厳密に年収に対する貸し出し比率や、他社の残高も含めた貸付総額の規制などもあり、消費者金融系などは契約率がすでに低くなっています。現在のところでは50万円を超過しても収入証明が必要ないところもあります。
もちろん、クレジットカードにもキャッシング枠がありますが、貸付枠には制限があり基本的には50万円を超える枠の設定はありません。そのためショッピング利用を前提にした審査となるため、100%貸付となるキャッシング審査よりは、審査が通りやすいかもしれません。
法人向けのETC専用カードの申し込み方法とお得な割引制度