闇金からお金を借りて大変な目にあった

以前、20代のころですが、競馬にのめりこんでしまい、大量のお金をすっていました。今思えば、競馬なんて3割近く胴元に持って行かれるギャンブルなんてばからしい、と感じているのですが、当時は予想をしっかりすれば勝てると思ってじゃんじゃかお金をかけていました。結果的に貯金は尽きてしまい、次こそは勝てる!と借金してまた負け・・・なんて日々を続けていました。

あるとき、直感というか、今日は絶対に勝てる!という予想が天から降ってくるような感覚があって、どうしてもお金が必要だと思い以前街中でもらったティッシュに書いてある金融屋に連絡しました。これこそが闇金だったのですが、そのときは絶対に勝てると思っていたので迷いなく借りてしまいました。当然そんなうまい話はなく、見事に散ってしまったわけですが、闇金から借りたお金はそのまま残ってしまいました。

一人暮らしなので家族に迷惑をかけるなどはなかったのですが、毎日朝から深夜まで続く電話、そして休みの日でもお構いなしに取り立てに来られ、すっかりまいってしまいました。そこで友だちに教えてもらった横浜の闇金専門相談所に連絡して、今では解決したのですが、あの日々は今思い返しても地獄です。