クレジットカードでのキャッシングと消費者金融の違い

キャッシングという用語と、消費者金融という用語は、同じことを指しているものなのでしょうか。どちらも、現金を調達したい時にお金を借りるサービスであるという点では一致しています。ただし、融資の申込み方法や、返済のスタイルが、違っています。消費者金融の場合は、お金を借りる時に、返済のやり方について選ぶことが可能です。コンビニで振込みをする方法や、ATMで返済をする方法のほかにも、口座からの引き落としによる返済方法などがあるそうです。クレジットカードでのキャッシングの場合には、口座引き落としでの返済が一般的です。銀行のATMにクレジットカードを入れて借入金を受け取っていると、自分の口座からお金を引き出している気分に陥りがちです。もともとは自分の現金ではないということを思い出して、借りたお金は必ず返すように自分に言い聞かせることが重要になります。申込みから融資までにかかる時間も、キャッシングと消費者金融とは違います。クレジットカードは、審査をしてカードを郵送するまで数日待つ必要があります。一方、消費者金融の場合は、手続きをしたその日にお金が借りられることもあります。すぐにお金が必要という場合には、消費者金融を利用してお金を借りた方が便利です。金利はほとんど差がないようですが、なんとなく消費者金融のほうがハードルは高いかもしれません。消費者金融と、キャッシングの共通点としては、どちらも借りるお金だということです。返済計画はしっかり立ててから利用してください。

キャッシングの即日申込よりも、カードの現金化