経済情勢とか

日本では、それも、いいのかわるいのか微妙ですが、行き倒れていても、そういう人に医療行為を行って、なんとかぎりぎり生活させるような病院があります。

(生活保護の制度などを利用して)医師の意見を聞いていますと 原理共産主義のような気がします。 共産党の小池氏や 社民党阿部女史が 医学部というように。
「みんな 医療を受けましょうね。
全部 税金で。結果 日本が 貧しくなればキャッシング審査甘い即日融資 金持ちの税金を増税しましょうね」 これが 医師の大方の意見でしょう。
うーん、その時々の経済情勢とかで結構世代差もありそうな感じですよね。年代や男女を均すと、結局25%づつになるかなあ、直感ですけど。医師に限らず士業は基本的に公務員体質になりやすいとは思います。結局、「他の職業に比べて収入を得るための差別化要因」は「国が○○士でしかこの仕事はしちゃいけないという制限」に起因するので。その是非はともかく、そもそも競争原理が根底のところで成り立たたない。そう。