カードにポイントはつきもの!

いまや多くのカードで使用した金額の数%がポイントとしてついてくるようになっている。
私も十枚程度持っていますがほとんどのカードで使用するとポイントがついてきます。
そもそも、このポイント還元は約20年前に航空会社が米国エアラインにならってマイレージサービスを始めたのがきっかけだったようです。
2002年にクレディセゾンが「永久不滅ポイント」を始めたのをきっかけにして広く利用されていったのです。
当初はポイントを溜めて商品との交換が主流だったのですが商品の発送などに手間がかかり経費もかさむので決済代金の利用へと変更されている。
ポイント還元が広まったのはインターネットショッピングの隆盛が多いに影響していると言われています。
大型ショッピングモールサイトとしては楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングが良く知られており、店舗と商品が充実し集客力は相当なものになっている。
当然のことながらインターネットショッピングにおける決済はクレジットカードが主流になっているのは明らかなことでしょう。
クレジットカードは日常生活でなくてはならないものになりつつあり、カード発行会社のサービス合戦は今始まったばかりでは、と思います。

プロミスのフリーキャッシング融資額