2月, 2015

キャッシングの金利の上限と下限について

キャッシングでお金を借りる時には、金利をチェックするかと思います。でもこの金利、だいたい4.6%~18.0%など、幅を持った金利が表示されていることが多くなっていますよね。この金利の上限と下限というのは、一体どのようなものなのでしょうか。キャッシングの場合、利用限度額の範囲内であれば自由にお金を借りたり返済したりすることが出来ますよね。この利用限度額がキャッシングの金利を決定するときに重要になってきます。実は、金利の上限と下限は、利用限度額が高ければ高いほど、低金利に近い金利でお金を借りることが出来、逆に利用限度額が低ければ低いほど、高い方の金利に近い金利が適用されることになります。例えば、低金利のキャッシング業者として知られているプロミスの場合、金利は4.5%~17.8%、融資限度額は500万円になっています。利用限度額が500万円の場合は金利は4.5%が適用され、利用限度額が10万円の場合には17.8%の金利が適用されるという事になります。キャッシングの金利の上限と下限はこのようにチェックしてみてくださいね。

カードローン一本化とは

最近ではかなり気軽にカードローンを利用する人が増えてきていますよね。カードローンは利用枠ないであれば借りることも返済することも自由に行うことが出来るので、自分の銀行口座のお金を出し入れするような感覚で利用することが出来ます。一方で、この簡単に利用することが出来るために、気が付いたら複数のカードローン会社で融資を受けてしまっているという人もいるようです。複数のカードローン会社を利用するとどうしても一社ごとに設定できる利用枠が低額になり、金利が高くなってしまうケースがあります。実は多くのカードローンの会社では、利用枠が高額であればあるほど金利は安く、定額であればあるほど金利は高いため、低額の利用枠のカードローンを複数契約をするよりは、高額の利用枠のカードローンを一つだけ契約をしている方が、支払うべき利息が少なくて済んでしまうというメリットがあります。また、カードローンの会社を一社にしぼることで、返済日も月に1日に代わりますので、次にどこの会社に返済をしたらいいのかなど迷うことが無くなるというメリットもあるんですよ。

カードにポイントはつきもの!

いまや多くのカードで使用した金額の数%がポイントとしてついてくるようになっている。
私も十枚程度持っていますがほとんどのカードで使用するとポイントがついてきます。
そもそも、このポイント還元は約20年前に航空会社が米国エアラインにならってマイレージサービスを始めたのがきっかけだったようです。
2002年にクレディセゾンが「永久不滅ポイント」を始めたのをきっかけにして広く利用されていったのです。
当初はポイントを溜めて商品との交換が主流だったのですが商品の発送などに手間がかかり経費もかさむので決済代金の利用へと変更されている。
ポイント還元が広まったのはインターネットショッピングの隆盛が多いに影響していると言われています。
大型ショッピングモールサイトとしては楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングが良く知られており、店舗と商品が充実し集客力は相当なものになっている。
当然のことながらインターネットショッピングにおける決済はクレジットカードが主流になっているのは明らかなことでしょう。
クレジットカードは日常生活でなくてはならないものになりつつあり、カード発行会社のサービス合戦は今始まったばかりでは、と思います。

プロミスのフリーキャッシング融資額

カードキャッシングとは

カードキャッシングはキャッシング専用のカードを発行するタイプのキャッシングで、利用者はこのキャッシング専用のカードを金融業者から発行してもらい、金融業者が指定していたり提携しているATMを操作してお金を借りることが出来ます。申込みは店頭に出向いて行うこともできますし、金融業者の自動契約機などを利用することで即日キャッシング専用のカードを発行してもらうことも可能になっています。郵送でキャッシングの申し込みをした場合には、審査などを経てからキャッシング専用のカードが郵送されてくるために、申込み書を郵送してから実際にカードキャッシングを行うことが出来るようになるまで1週間以上の期間が必要になるケースもあるようです。今まではこのカードキャッシングが最も多いキャッシングのパターンでしたが、利便性やコストの面などから、ネットキャッシングを進めている金融業者が多くなってきています。カードキャッシングの場合には、必ず一度は金融業者から郵送物が届くことになるために、家族に内緒でキャッシングをしたいと思っていても、郵便物が送付されてくることでばれてしまったという人もいたようですよ。